小売電気アドバイザーとは

小売電気アドバイザーTOP 小売電気アドバイザーとは

「小売電気アドバイザーとは、電力自由化に伴い発生し得る様々な問題の解決に向け、法令、条例等関連法規に則り、専門的知識をもって、電力小売事業者(これから事業を営もうとする者も含む)及び消費者、そして電力小売業に関わる者に対して公平・公正の理念に基づいた立場で相談に応じることのできる専門資格であり、さらに助言、指導その他の援助を通じて電力小売事業を円滑かつ適正に運営するために必要な知識を有する者として特定非営利活動法人 日本住宅性能協会が認証した者である」。

2016年4月に実施された電力小売りの全面自由化。
これに伴い、多くの異業種から電力小売りへの参入が相次ぎ、また既存の事業者も様々な料金プランを打ち出してきています。

そしてこれにより、一般の消費者が「自分で使用する電力」を多くの選択肢から選べるようになるとともに、多様な契約内容における責任も生まれました。
そこで、様々な場面でトラブルを回避するための知識を有する人材の必要性が高まっています。

小売電気アドバイザー(電力アドバイザー)は、消費者が抱える疑問に応えたりトラブルを未然に防ぎ、よりライフスタイルに合った最適なサービス選びをサポートできるスキルを持っていると認定された存在です。

受験者対象

電気小売り事業にかかわる企業の関係者(責任者・販売担当者等)
これから電力小売りへの参入に興味を持っている企業の担当者
電力に関するトラブルを回避したいと考えている消費者の方

取得のメリット

電力販売契約における疑問への対応やトラブルの回避に役立つ知識の習得
電力販売等にかかわる基礎知識の習得
電力自由化に伴う責任の認識を伝えるための基礎知識の習得、など

小売電気アドバイザーができること

業務上、円滑な契約をすすめたり様々なトラブルを回避する。
電力の自由化に伴い、契約形態が複雑化し、業務上の重要説明事項以外にも様々なトラブルに巻き込まれる要因があることが、明らかになってきました。
業務遂行上、トラブルの要因を予見しこれを未然に防ぐ方策を構築しておくことで、想像以上の問題となることが防げます。
小売電気アドバイザーは、電力に関する契約や業務を遂行するうえで、トラブルを回避するために必要な、重要説明事項等を認識するとともに、事前に知るべき、又は伝えるべき事項も認識したうえで、円滑な契約に寄与することができます。

認定講習会お問合せ先

LECコールセンター 0570-064-464
[平日]9:30~20:00 [土曜・祝日] 10:00~19:00 [日曜] 10:00~18:00
※平日は、コールセンターの営業を9時30分より開始します。
※通話料はお客様ご負担となります。
※固定電話・携帯電話共通(PHS・IP電話からはご利用できません)。